ナビゲーションを飛ばしてこのページの本文へ移動します。

株式会社ワークス・クリエイティブ 1988年創立。大道具歴この道四半世紀のマンパワーの会社です!

プライバシー・マーク10860983

公益社団法人 共用品推進機構様 ショールーム リニューアル工事

数多くのミーティングが成功の鍵に

今回のショールームリニューアル工事にあたり、企画・デザイン・施工・撤去まで多くのミーティングを共用品推進機構様と重ね、デザインはcmykの井上氏、製作はプラスワン清水氏、プロデュースは弊社代表の松行が担当しました。その模様をお伝えいたします。

共用品とは?

共用品とは「身体的な特性や障害にかかわりなく、より多くの人々が共に利用しやすい製品・施設・サービス」を意味します。
詳しくは公益財団法人共用品推進機構様のウェブサイトをご覧ください。
http://www.kyoyohin.org/ja/kyoyohin/index.php

共用品を写真にて一部ご紹介いたします。
写真をクリックしますと各共用品の説明文が登場し、画像が大きくなります。

  • 画像:柏餅
    1830年に初めて登場した共用品はこの柏餅になります。つぶあん・こしあんを柏の葉の表裏で識別できるようにしました。
  • 画像:あんまん・肉まん
    あんまん・肉まんも見た目でどちらかが分かるようになっています。
  • 画像:缶
    缶にはアルコール飲料かノン・アルコール飲料であるかが点字で書かれています。
  • 画像:シャンプー・リンス
    蓋のギザギザでシャンプーかリンスであるかが識別できるようになっています。

場所から事柄へ〜from Place to Situation〜

今回のリニューアルでは使用する場所で区分していた共用品を、使用する場面によって区分をし直しました。
施工のBefore−After、また、その施工のポイントをご紹介します。

施工のポイント1:使用する場所で区分していた共用品を、使用する場面によって区分し直しました。
それに伴い、イラストを使用することで、どのような場面かを分かり易く視覚でも認識できるようにしました。

施工のポイント2:空間をより広く見せるために床に黒の線模様を入れました。
また、他の区分と混ざらないように各棚を斜めに設置することにより、奥行きを見せています。

施工のポイント3:こちらも使用する場所で区分していた共用品を、使用する場面によって区分し直しました。 黒い壁で区切り、数字で区分することにより、それぞれの場面を識別しています。

GALLERY〜施工から完成まで〜

施工中

写真をクリックしますと画像が大きくなります。

  • 画像:施工中1
  • 画像:施工中2
  • 画像:施工中3

完成

写真をクリックしますと画像が大きくなります。

  • 画像:完成1
  • 画像:完成2
  • 画像:完成3
  • 画像:完成4

代表松行からのコメント

3月に第一回目の打ち合わせがスタートしました。
その後、6〜7回の打ちわせを重ねようやく5月末に完成、引き渡しに至りまし た。長いようで短かった3ヶ月間をお客様とともに過ごすことができまして大変 感謝しております。
私達の仕事は無から有を生み出すものだと思います。今後共、お客様に信頼される仕事に精進してまいる所存であります。

2014年8月吉日 株式会社ワークス・クリエイティブ 代表取締役 松行俊二

このページの先頭へ